合宿免許とは

合宿免許とは、一定の期間宿泊施設に滞在して運転免許を取得するために必要な教習を集中的に受ける方法のことです。
大学生のように長期的な休暇がある場合には合宿で免許を取得することがよく勧められますし、大学の生協には案内のパンフレットがたくさん置かれています。
通学よりも合宿で取る方が良いという人もよくいますが、合宿で免許を取ることを勧められるのには、幾つかの理由があります。

まずは、時間と費用の節約になる点です。
通常、通学型で免許を取得する場合、最短でも3週間、予約がとれない時期であったりすると3ヶ月から半年近くかかってしまうことも多いです。
しかし、合宿であれば最短で2週間かからず免許の取得ができます。
また、費用も20万円前後ですから、通学型の教習所よりも5万円ほど安く通えます。
もちろん、この費用は教習費用だけでなく、検定費用、宿泊費、交通費などが全て含まれています。
また、プランによっては再試験や追加教習も無料で受けられるプランになっていますから安心できます。
また、合宿の場合には通学型のように自分でスケジュールを確認して時間割を組む必要もありません。
スケジュール調整は教習所で面倒な作業の一つです。
この手間が必要ないのも合宿のメリットと言えます。

このように、お金と時間の面でも良いと感じられる合宿免許ですが、本当に良いことばかりなのでしょうか。
ここでは。
合宿免許の申し込みから取得までの流れや、合宿で免許を取るメリット、注意点について紹介します。

Copyright © 2014 合宿免許で最短で免許取得 All Rights Reserved.