子供のガチャガチャ

最近ではガチャガチャというと大人向けのガチャガチャが新聞や情報誌などで話題ですが、やはり基本、ガチャガチャは子供向けが主流です。
大人向けの物はコンセプト型やリアルなフィギュアが流行っていますが、子供向けのガチャガチャでは、キャラクター物やアニメ物が昔も今も変わらず人気を博しています。
また、大手ガチャガチャ玩具メーカーによると、子供に一番人気なのは、犬のフィギュアだそうです。
都心部の子供などは、マンション暮らしが多く、ペットを飼える環境にないため、子供たちは動物ものに興味を抱くのではないでしょうか。
筆者が子供の頃は、数十円でガチャガチャをすることができましたが、今のガチャガチャにはあまりない、ハズレが存在しました。

そしてカプセルの中の物は、消しゴム(キン消しやその他のキャラクター消しゴム)やスーパーボール、スライム、ピストルや魔法のステッキなどがあったことを記憶しています。
少し豪華な賞品などは100円単位のガチャガチャで、子供が握り締めているお小遣いでは到底手のでないもの、少しずつお金をためてガチャガチャをするなど、今思うとガチャガチャを回すことに対する欲求やワクワク感はとても大きなものだったと感じます。
今でもガチャガチャしたいとマシーンの前で親にせがむ子供の姿を見ることがあります。
このように子供の心をがっつり掴んで放さない、ガチャガチャの魅力は何なのでしょうか。
日本でのガチャガチャの歴史も振り返りながら検証していきましょう。