ハーブティーとは

リラクゼーション効果やデトックス効果、ダイエットにも効果があるとして注目されているハーブティー。 ハーブ(香草や薬草)を煮出した飲み物のことをハーブティーといいます。ハーブの種類も様々で、生のまま料理に使ったり、乾燥させて香りを楽しむポプリにしたり、民間療法として利用したり化粧品に使ったりと、ハーブ自体私たちの生活に密接に関わっています。例えばセロリはもともとハーブとして使われていましたが今は野菜として食べられています。今流行りのアロマテラピーなどもハーブの精油を利用した自然療法です。

色々な効能があるハーブを、体調や目的に合わせて煮だして飲むことで効果を得ようというのがハーブティーなのです。 ヨーロッパでは薬草として古くから利用されてきたハーブもありますが、漢方と違い医薬品としては認められていません。食品の分類になります。とはいえ、強く作用するものもあるため、副作用や医薬品との同時摂取、アレルギーには注意が必要です。 簡単に栽培できるハーブも多いため、自家栽培してハーブティーを作る方もいますが、スーパーや専門店には日本茶や紅茶と同じようにたくさんのハーブティが並んでいるので簡単に試すことができます。一種類のハーブから作られたハーブティーや数種類をブレンドして作られたハーブティーもあります。

ハーブは基本的に草や花が多いので、良い香りを楽しむ目的もあり、中国や日本の薬草茶よりもマイルドな飲み口のものが多いです。 ではハーブティーにはどのような効能があるのでしょうか。飲み方と合わせて解説します。

~PICK UP~
医薬品品質と呼ばれるメディカルハーブティー専門の通販サイトです → → メディカルハーブティー